2014年4月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

スマホでお買い物


スマートフォンは現在では出荷数の50パーセントを超えるほどの勢いを持っており携帯電話各社も販売広告をスマートフォンを全面に押している。スマートフォンは確かに何でもできるというメリットがあるために多くの人が便利だと感じており普及へと勢いを増している。
なかでもスマホでお買い物をするということが気軽であり便利と言うことで強く支持されている。もちろん今まででもインターネットによるショッピングは多くの人に利用されておりいつでも買い物が楽しめると共に宅配で届くので出歩くことなく欲しいものが手に入って便利であった。しかしスマホでお買い物というとさらに利用しやすさは増していると実感されており使いやすいようである。趣味や日常品で欲しいものや仕事やオフィスで必要なものを気づいたときにパッとスマートフォンを開き、ショッピングサイトでお買い物することが効率も良く便利である。スマホでお買い物と言うことがこれからは主流となることが予想できるだろう。さらに最近のウェブサイトではスマホサイトが充実してきており操作や利用がストレスなく行えるようになってきている。ウェブサイトの中にはスマホでお買い物することを推奨するようにポイントを二倍にしていたり特典を付加したりという利点を与えているところも少なくない。スマホでお買い物という目新しい作業にはまだまだ今後発展させるべき点も多く存在している。電化製品からブランドアパレルまで、各企業がスマホサイトへの移行に乗り出している。これからの時代、スマホサイト対応が必須となって来るであろう。

スマホサイトの制作ならこのサービス


ではスマホでお買い物するにはどういった利点があるのだろうか。スマートフォンとパソコンの違いは持ち運べると言うところである。スマートフォンはいつでもどこでもオンラインでインターネットに接続されていると言うことも大きな利点である。またスマートフォンの中には最新の機能としておサイフケータイの機能を持っているモノもあるので大きな利点である。お財布ケータイでは定期をネットで購入できたりするのでその場でもすぐに対応できて便利である。ウェブで購入する方が店頭で購入するよりも安く済むことも多いのが最近の事情である。在庫管理が簡単なことがその理由ともなっており、店頭の目の前でスマホでお買い物し店頭受け渡しにすると割安で希望のモノが手にはいると言うことも今では少なくない。
スマートフォンではアプリが充実しており自分に合った機能を追加していくことが重要で便利であるがそのアプリには買い物をするために便利なモノも多く存在している。アマゾンやヤフーショッピング、楽天などのアプリではスマホで効率よくお買い物できるように手助けしてくれる。また常にその動向が気になってしまうオークションなどのアプリも多く存在しており生活に連動しながら利用することが可能である。
もちろんスマートフォンでオンラインにより直接買い物しなくとも自分で待ちなどの店頭に出掛けていく買い物でも大いに活用することができる。チラシを掲載しているサイトを参考にしながら実際にやすいスーパーを探し出すことも可能だし、価格比較サイトでは一番安いお店を簡単にリストアップしてくれるので希望の商品を効率よく安価で入手することができる。
また買い物をする際にアフターケアや実物の評判を気になったら口コミによるそのお店や商品の評価を見つけて検討することもスマホでのお買い物では活用できる手段といえるだろう。スマホ自体は買い物においても日常生活においてもさまざまな可能性がまだまだある分野といえる。もちろん機能的にも各スマホメーカーやアプリの会社が努力していくことによってより進歩していく可能性はある。
しかしスマホを使うユーザーがスマホでお買い物などにおいて使いやすい機能を見つけたり自分流に活用していくことがその可能性を一番広げてくれることといえるだろう。

*ネットショッピングに関するNEWS*
ネットショッピングの状況
インターネット通販の事例
ネットショッピングの注意点

即日借り入れでもっと身近に


「借りたお金は返すのが当然でしょー?」と、見るからにこわいお兄さん達が玄関の前で大声を上げています。テレビでよく見かける場面ですが、今日は消費者金融業界が特に力を入れているというサービスの1つ。「即日借り入れ」についてお話したいと思います。
何故、最初にちょっとびっくりするようなことを言ったかというと、「消費者金融」について「こわい」「危ない」というイメージが広まっているからです。
もちろん、利用の方法を間違えればそれ相応の対応はされるかもしれません。(とはいっても脅迫まがいの取立てはないと思いますが)
しかし、正しく利用すれば、私たちの味方になってくれる頼もしい存在になります。例えば、ローンを組んだりクレジットカードを使うことについては、それほど抵抗はありませんよね?もし、「現金至上主義。支払いは全て現金で即決のほかは考えられません」という方でしたら、消費者金融にお世話になることはないと思いますが、「こういう事なんだ」という程度に読んでもらえればと思います。

さて、突然ですが、お金が急に必要になった経験はあるでしょうか?急な飲み会があったり、結婚式が連続であったり・・・予想もしてない出費には誰でも困ってしまいます。そんな時に強い味方になってくれるのが「即日審査・即日融資」の消費者金融です。テレビCMや新聞広告でもよく見聞きすると思います。しかしよく考えてみると、何故そんなに簡単に融資してもらえるのでしょうか?
もちろん「きっとみんなに優しい会社なんですよ」とか「金融会社も生き残りの時代。審査を甘くして顧客を増やしたいんですよ」いうわけでもありません。消費者金融会社としても、融資したお金はしっかり回収しないといけません。それについては今も昔も変わっていないはずです。その答えは、コンピューターを使った審査にあります。広告で聞いたことはないでしょうか?「インターネットや携帯電話で即日融資」。この方法を使うことで短時間での処理が可能になり、即日の融資が可能になるようです。早いところだと一分経たずに借り入れ完了というところもあるようです。ちなみに、コンピュータで判断できない案件(コンピュータでも迷う時があるんですね)については、実際に「人」が審査をするようです。また、この方法により24時間365日対応になり、利用者にとってますます身近な存在になっているようです。
とはいっても、無理のある借り入れはキケンです。薬を飲む時と同じように用法(借りる理由)用量(借りる額)を守って上手に利用していきたいものです。

<消費者金融リンク集>

多重債務に陥らないために

貸金業者情報検索サービス

違法な金融業者一覧

テンガは通販で買える!


最近、通販で「テンガ」を購入される方が増えています。正式な商品名は「TENGA」と綴るこの商品は言うなれば男性が自慰行為の際に用いる小道具「オナホール」「オナカップ」の一種であり、そういった商品の中では格別な人気を誇っています。このテンガの人気の理由は様々ありますが、まず一つ上げるとするなら使い捨てのオナカップバージョンのテンガは種類が豊富で、微妙な好みに合わせて選ぶことが出来るという点でしょうか。また、安価で購入しやすいという点も魅力の一つです。そしてなにより見た目がいかにもな「アダルトグッズ」らしくないという点も挙げられます。

しかし、いくら見た目がそれらしくないからといってアダルトショップやドラッグストアで気軽に購入できるかというと、そうでもないようです。やはりアダルトショップといえば大人のおもちゃ屋なわけですから足を踏み入れるのにまず勇気が要りますし、ドラッグストアでは購入時に店員とレジで対面する気まずさがあります。そこで役に立つのが、やはり通販だというということです。通販サイトでなら自分好みのテンガを説明を読みつつゆっくりと選ぶこともできますし、小売店でありうる品ぞろえの薄さを心配する必要がありません。また、安価な商品ですから、自分の気に入ったものを好きなだけ購入することもできます。テンガが通販で人気なのも納得ですね。
テンガの通販サイトには、人気ランキングもありますので初めての方でも気軽に選ぶことができます。

テンガ通販

「配達される包みに堂々と商品名が書かれているのではないか、家族に見られるのは困る」と心配されている方もいらっしゃるかもしれませんが、その必要はありません。テンガ通販サイトでは配達のオプションが選べるのです。どういうことかといえば、例えば商品名の表記も「本」などと他のものに変更したり、さらには発送元の会社名も変えることができるなど購入者が商品を受け取る際に余分な気をもむ必要がないように配慮が行き届いているのです。どうでしょうか。安心されましたか?今までテンガに興味があっても勇気がでなかったあなたも、ぜひ気軽に通販サイトを利用してみてくださいね。

過払い請求とは何か


消費者金融の利用者は、10人に1人-。日本国内で消費者金融を利用する人は、現在では1300万人に及ぶと言われています。お金を借りる理由は、人それぞれ。急な出費のためにやむを得ず借りる人もいれば、あまり誉められたものではない理由から借りるという人もいるでしょう。ともあれ一度消費者金融からお金を借りてしまえば、その返済には多大な時間と労力が必要となってしまいます。
「過払い請求」という言葉をご存知でしょうか。過払いとは、文字通り、多く払い過ぎたお金を取り戻すための方法です。具体的には、現在抱えている借金を終わらせ、そして支払わなくても良かった金額を消費者金融業者に返させるというものです。


多くの消費者金融業者が示す利率は、「出資法」という法律によって設定されています。しかし「利息制限法」という、出資法とは別の法律があり、そこに定められた上限利率を超えて支払った利息金は無効となる、という決まりがあるのです。この無効になった利息金は、本来であれば借り入れた元金に充当されます。これに基づいて計算をし直すと、実は利息金どころか元金までも払い過ぎてしまっているという事態が起こってきます。これが、「過払い」と呼ばれる状態です。

借入額がなくなる上、お金が返ってくるかもしれない…この制度は、消費者金融に苦労している、または過去に苦労した人であればたいへん魅力的に感じることでしょう。しかし、すべての人がその請求手続きを行うことはできません。そもそも過払い金は、ある程度の取引年数や借入額がないと発生しないからです。人によって取引内容は千差万別ですので絶対とは言えませんが、たとえ長く返済をし続けているからと言って、必ず過払い金が発生するというわけでもないのです。自分に過払い金が発生しているのかどうかを確認するには、詳細な取引履歴を把握することが絶対条件になります。実際には、1人では過払い請求の手続きどころか取引履歴の把握さえ難しいため、現在ではそのような人々をサポートする法律家や、法律事務所が注目されるようになっています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

mobileSEOの被リンクの重要性

SEOで被リンクが重要なことは当然ですが、mobileのSEOでも重要になるのでしょうか。
一部の本には、mobileのSEOに被リンクは効かない、との紹介もあるんです。

アプリ

OSについて、理解したところで、次はアプリについて簡単に説明します。
先に述べたように、アプリとは携帯電話やスマートフォンの端末を利用して起動するソフトのようなものと述べましたが、アプリを入手するにはアプリサイトから携帯電話もしくは、スマートフォンにダウンロードすることで利用することができます。
一度携帯アプリをダウンロードすれば、その携帯アプリ自体が通信を必要としなければ通信が切断された状態でもアプリを利用することができます。
しかし、通信を必要とする場合には、有料アプリの場合にはアプリ料金のほかに、無料アプリでも別途、通信料が発生してしまいます。
アプリをダウンロードする際には、発生料金の有無をしっかり確認する必要があるのです。
携帯アプリは、各携帯電話会社によって違い、ドコモの携帯であれば「iアプリ」、ソフトバンクであれば「Sアプリ」などのように、携帯電話会社によって使用できるアプリが違います。
しかし、先ほど記したアンドロイド携帯であれば、携帯電話会社が違っていてもアンドロイドアプリであれば利用することができます。
携帯アプリは当初、ゲーム関連のアプリが中心でした。しかし、最近ではビジネス利用を目的とした情報ツールのアプリも登場し、多くのビジネスマンも携帯アプリを利用しているのです。

スマートフォンのOS

では、スマートフォンのOSとはどんなものがあるのでしょう。
最近、「アンドロイド携帯」という言葉を耳にする人も多いのではないでしょうか。この「アンドロイド携帯」もスマートフォンの一種です。
「アンドロイド」とは、Googleを中心として通信事業者や、インテルなどの半導体メーカーなどが加盟している
「OHA」が携帯電話用ソフトウェアプラットフォームとして発表しました。
プラットフォームとは、違うメーカーの端末でも同じような操作で使用できたり、アプリが使るようにする仕組みのことで、この自由度によって、ドコモやauやソフトバンクのスマートフォンのOSとして、開発・発売されています。
違うメーカーの端末でもアンドロイド対応アプリであれば同じアプリを使用できることから、今最も注目のOSといえるのではないしょうか。
他には、「iPhone OS」があり、パソコンのMscを製作したアップル社の開発したOSで、グラフィックに強くスマートフォンの先駆けとして、日本国内では1番認知度が高いOSではないでしょうか。
そして、マイクロソフト社の「Windows Mobile」、これはご存知のとおりパソコンの Windowsのスマートフォン版ともいえるもので、パソコンを使い慣れている人にはとても使いやすいOSといえるでしょう。

スマートフォン

さて、普及し続けるスマートフォンですが、スマートフォンの定義とは曖昧で、携帯電話にパソコンの機能が備わったものと考えるのがわかりやすいのではないでしょうか。
我が国で当たり前に使われている多くの携帯電話にもパソコンのインターネットができるブラウザ機能や、メール機能が搭載されており、広い意味で言えば、携帯電話とスマートフォンは大差ないともいえます。
しかし、携帯電話とはそもそも、通話を目的として作られているため、他の機能はおまけのような存在であるのに対し、スマートフォンは情報端末を主として作られているため、電話機能がおまけのような存在となるので、携帯電話とスマートフォンではまったく別のものともいえるのです。
また、携帯電話にはお財布ケータイ機能がありますが、お財布ケータイとは日本独自のサービスであり、スマートフォンにはお財布ケータイ機能は搭載されていないなど、携帯電話では当たり前に使える機能も、スマートフォンではできないことも存在し、また、その逆もあるのです。
さて、そのスマートフォンですが、パソコンのようにスマートフォンにはそれぞれOSというものがはいっています。そのOSによって、使えるアプリも変わってきます。

携帯電話とスマートフォンとアプリ

携帯電話が普及し、一人に1台、お爺ちゃんお婆ちゃんから子供まで年齢問わず当たり前のように携帯電話を持つ時代となりました。
そして携帯電話は電話するだけの道具ではなく、調べる・遊ぶ・学習するなど様々なことができるとても便利な道具へと変化しています。
携帯電話を調べる・遊ぶ・学習する便利なものへ変化させたのがアプリケーションソフトウェア、俗に言うアプリです。
そもそも、アプリとはどういったものなのかご存知でしょうか。
わかりやすく説明するなら、携帯電話やスマートフォンをゲーム機本体とたとえたなら、アプリとはゲームソフトのようなものです。
ゲーム機本体だけがあってもソフトがなければゲームができないのと一緒で、携帯電話があってもアプリを手に入れなければただの携帯電話なのです。
携帯電話の普及とともに、アプリの開発が急速的に進み、今ではその種類も機能も多種多様にあります。
さらに、もっとアプリを簡単便利に楽しめるスマートフォンが近年登場し、その便利さや機能性から瞬く間に広がりつつあります。
数年後には、携帯電話よりもスマートフォンが多く普及し、携帯電話よりもスマートフォンを持ち歩く人が多くなるのではないかとさえ言われています。